ニュース RSS

エネルギージェルとは? 炭水化物(エネルギー)摂取はサッカーのスプリント、ジャンプ、ボディコンタクトなど、ゲームの結果を左右する激しいアクションに大きく影響しています。問題は体内の炭水化物の貯蔵量が少ないこと、急速に使い果たされることです。 サッカーサプリメントのジェルは、吸収の良い炭水化物でエネルギーを提供し、筋肉と脳で繰り返される激しい運動を最後のホイッスルが鳴るまで戦い抜くサポートをします。 単純に考えると、スポーツドリンクから水分を取り除いたものがエネルギージェルといえます。水分を取り除くことで、炭水化物と電解質を組み合わせたメリットを備え、よりコンパクトになるため、手軽に摂取することが可能になります。 なぜジェルが必要なのか? 激しい競争の最中に筋肉と脳にエネルギーを供給し、90分以上にわたって能力を最大限に発揮できるよう手助けします。良いパフォーマンスを維持するには、筋肉と脳へのブドウ糖の安定した供給が不可欠です。試合終盤になるにつれ、体内のブドウ糖が少なくなるため、ゲーム中にジェルを摂取することでエネルギー等を補給し、安定したパフォーマンスを発揮できるよう働きかけます。 例えばエナジージェルを摂っていなかったら? 約75分で体のエネルギーがなくなり、パフォーマンスが低下します。 想像してみてください。試合の85分、スコアは0-0です。あなたはディフェンスでプレーしていて、ボールが頭上を越えていきます。あなたは反転し、スプリントする準備をします。しかし、残念ながらゲーム中に水だけを飲んでいては、体のエネルギーはほとんど空の状態となってしまいます。あなたの筋肉はスプリントに必要なパワーを生成しようとしますが、筋肉と血液のブドウ糖が不足しているため力がでません。 相手側のプレイヤーはゲーム全体を通してさまざまなエネルギージェルを摂っているため、エネルギーが安定して供給されています。彼らは十分なエネルギーを筋力パワーにして、スプリントであなたを置き去りにし、勝利へのゴールを決めることになってしまいます。 ゲーム中にエネルギーを安定して供給することで、スプリントやクイックネス、ボディコンタクトを安定させ、最高のパフォーマンスを発揮することに繋がります。それによりグッと勝利を手繰り寄せることとなりうるでしょう。 なぜFUEL90™とFOCUS90™なのか? FUEL90™は、ブドウ糖と果糖の2つの良質なエネルギー源を使用し、体内バランスをサポートする電解質とともに、吸収を最大化し、体内への負担を最小限に抑えます。肉体は 1時間あたり30〜60gの炭水化物を消費することができます。それ以上は供給状態が飽和しているのでグルコースをさらに追加すると、パフォーマンスの低下につながる可能性があります。 違う形態の炭水化物を2種類使用することにより、2つの異なる供給方法を利用するため、グルコース輸送体は最大容量で動作し、フルクトースを追加することで異なる輸送体を介してより多くの燃料を移行させることができます。すなわち、より多くのエネルギーを素早く供給し、ゲームを決定付ける激しいアクションを可能にすることを意味します。 FOCUS90™は2種類のエネルギー源と、カフェイン・ベータアラニン・シトルリンを組み合わせたものです。 カフェインは意思決定と集中力を向上させ、持久力やスプリント出力の両方をアップするよう働きかけます。 ベータアラニンはパフォーマンスの低下を抑える働きをします。 シトルリンはパフォーマンスと潜在的なパワーを高めるよう働きかけます。 サッカーサプリメントのエネルギージェルは、製品成分によるパフォーマンスへの効能効果を一番の特徴としています。カフェイン、ベータアラニン、シトルリンリンは、パフォーマンスを向上させるために一定の含有量が必要だからです。 タイミングは? キックオフの前にFOCUS90™を1本、ハーフタイムにFUEL90™を1本摂取。 トレーニング中にはエネルギーを摂取するタイミングも多く、試合のような大きな負荷が続くことはほとんどないため、ジェルの必要性は少ないと思います。ゲームの強度と同様の高強度で70分以上トレーニングする場合は、これらの燃料貯蔵庫が使い果たされるため、ジェルで追加のエネルギーを補給することを強くお勧めします。 最近の調査によると、サッカー選手は90分間のパフォーマンスを最適化するために、ゲームごとに60〜90gの炭水化物を必要とする可能性があると言われています。水分補給のために水分を摂取する必要があることにも注意してください。水分、電解質、エネルギーを同時に摂取できるHYDRATE90™のようなスポーツドリンクを摂ってください。水分補給のニーズを満たし、炭水化物の吸収を最適化するために、ジェルとスポーツドリンクを組み合わせることをお勧めします。 90分以上のパフォーマンスを最適化したい場合は、ウォームアップ直後にFOCUS90™ジェルを摂取し、ハーフタイムにFUEL90™を、そして試合を通しての水分補給にはHYDRATE90™をお勧めしています。 個人差やプレー時間もありますのでシーンに合わせてお使いください。 エネルギージェルのページはコチラから   

続きを読む

サッカー選手にとっての炭水化物の重要性 昨今の糖質制限ブームのように、炭水化物に良いイメージを待たない考え方も少なくないように思えます。炭水化物に偏ったジャンクフードなどが近年私たちの周りに多く見受けられることも要因なのかもしれません。 しかし、炭水化物はトレーニングや試合の前後の最適なエネルギー源であり、リカバリーを必要とするサッカー選手にとって不可欠です。多くのトッププロサッカー選手が炭水化物をエネルギー源として様々な方法で摂取しています。   炭水化物とは何か 炭水化物は糖質、でんぷん、繊維などを含む主要栄養素グループです。体内の炭水化物の主な役割は筋肉と中枢神経系に燃料を供給することで、繊維は健康的な消化の働きに必要です。 炭水化物においてブドウ糖や果糖などは単糖であり、体に吸収されやすく、瞬時にエネルギー源として供給されます。これらは多くの果物、お菓子、エナジードリンクによく見られます。同様にでんぷんなど、より持続的なエネルギーを供給する多糖類もあります。多糖類の炭水化物は、豆、穀物、オート麦、シリアル、ジャガイモなどのでんぷん質野菜などの食品に含まれています。 人体はエネルギーとして脂肪とタンパク質を使用することができますが、主要な燃料源としてブドウ糖に分解された炭水化物を優先します。ブドウ糖はグリコーゲンとして肝臓と筋肉に貯蔵され、必要になるとすぐにブドウ糖に戻されます。   しっかりと備える すべてのサッカー選手が90分間の試合を走りきり、ベストパフォーマンスを発揮するためにエネルギーを必要としています。このエネルギーを得る最良の方法は炭水化物がしっかり摂れる食事をすることです。前もって十分に食べておくと、完全に消化され、トレーニングや試合中に安定した燃料源として体がエネルギーを使用できるようになります。 試合では継続的にエネルギーを必要とします。キックオフの36〜48時間前に炭水化物の摂取量を増やすことが賢明です。例えば日曜日の午後の試合に向けて、金曜日の夜から炭水化物の摂取量を増やすなどです。または食事に複数の炭水化物源を追加する方法もあります。 試合に向けた準備期間では炭水化物に焦点を当てることが重要ですが、タンパク質と脂肪を摂ることも重要です。体が適切に機能するには、これらの主要栄養素も必要です。 さらに事前にグリコーゲンを蓄えることで、試合直前の食事にある程度の柔軟性がもたらされます。エネルギー不足に陥る心配解消のために、キックオフに合わせて軽食などで調整ができます。試合前の最後の食事は、お粥、パスタ、パン、シリアルなど、炭水化物に重点を置き、消化される時間を考慮し、キックオフの少なくとも2~3時間前には済ませておきましょう。   素早いエネルギー追加 これまで説明してきたように、試合の前に炭水化物を食べることは重要です。これにより体内に90分間エネルギーを供給する準備のできた燃料源を蓄えることができます。 ただし、高強度でプレーする場合は更なるエネルギー補充が必要です。これは、前述の単糖であり、ここでFOCUS90™、FUEL90™などのエネルギージェルが活躍します。これらは手軽なエネルギー摂取を可能にします。キックオフの直前、ハーフタイムでの摂取が効果的です。 世界中の一流クラブ選手に愛用されているFUEL90™は、サッカー選手のためにデザインされたエネルギージェルで、1食分あたり31gの炭水化物と、体内バランスをサポートする380mgの電解質、さらに吸収の速いエリートデュアル炭水化物を配合。最後のホイッスルまで瞬間的なエネルギーのバーストをサポートしてくれます。   試合後の炭水化物 試合後、効果的な回復のためにタンパク質が重要視されますが、炭水化物も必要です。 次の試合に向けたリカバリーのために、タンパク質、炭水化物、電解質などを試合後すぐに摂ることが理想です。 リカバリーのためにデザインされたRECOVER90™は、タンパク質、炭水化物、電解質を含むオールインワンのリカバリーシェイクです。 試合が終わるまで、サプリメントで栄養補給をしていたとしても、グリコーゲンのレベルは低くなります。炭水化物の摂取は筋肉に燃料を補給し、免疫機能を回復することに役立ちます。次に向けての良い準備=リカバリーとなります。 理論的には、リカバリーのために体重1kgあたり約1gの炭水化物を目標と言われています。タイミングは試合後できるだけ早く、45分以内の摂取が理想です。例えば、75kgの選手には約75gの炭水化物が必要になるということです。 以上のように、炭水化物は適切なタイミング、適切な方法で摂取することが重要です。 

続きを読む

サッカー選手にとっての電解質の重要性 すべてのサッカー選手が試合の前後も含め一貫して行うことの一つが水分補給。これはプロ、アマチュアを問わずマストな習慣です。 サッカー選手は平均的に、1試合約1.1ℓ汗をかくと言われ、特に梅雨時期や炎天下の試合ではそれ以上に大量の水分を失う可能性があります。十分な水分を補給しないままプレーを続けてしまうと、さまざまな脱水症のリスクが伴います。 サッカー選手にとって最大の懸念は脱水症によって、疲労感やひどい痙攣、筋肉の収縮する能力を損なう可能性があるということです。これはすべてのパフォーマンスに悪影響を与える恐れがあります。十分な水分を摂取することがとても重要となりますが、激しい運動の場合は水のみでの水分補給は不十分と考えられます。    電解質とは? 電解質は水に溶け電気を運ぶ物質のことです。これらの役目は、体液が細胞膜を通過できるようにすることであり、体内の水分補給、神経細胞や筋肉の働き、その他の重要な代謝機能における大きな役割を担っています。 電解質にはナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、塩化物が含まれます。これらは食べ物や飲み物から摂取できますが、汗や尿とともに電解質を失います。したがって、運動中の水分補給と同時に電解質も摂取し、水分と電解質のバランスを整えることが重要です。   毎日の水分補給 日常的にこまめな水分補給を摂ることで、潤いと電解質のバランスを維持します。脱水症状のリスクを避けるためにも、基本的な水分を確保することが賢明であり、目安量は1日に2ℓの水を飲むことだと言われています。起床後、食事中、就寝前の他にも1日を通してこまめに飲むことが大切です。 電解質に関しては、バランスの取れた食事をしていれば、日常生活に十分な量が摂取できると言われています。ただし、アクティブな仕事や激しい運動をしている場合は、水分摂取と食事に加え、さらに電解質を補う必要があります。    試合当日の水分補給 試合でのパフォーマンスのために水分補給と電解質バランスを維持しましょう。 毎日の水分補給を適切に行い、常に体内の水分・電解質バランスが整っていることが大切です。ゲーム中に失われる水分を見越して、試合当日は起床後から適切な量の水分摂取を始め、キックオフに向けてこまめに水分を摂る必要があります。この水分補給の際に、電解質も一緒に摂取し、常に体を潤すイメージを持つことが大切です。 試合中は水分と電解質補給に加え、エネルギーのもとになる炭水化物も忘れないようにしてください。試合終了のホイッスルが鳴ったら、試合で消耗した体のために、すぐに水分補給をスタートしましょう。それと同時に次の試合に向けた栄養補給でリカバリーを迅速に開始することも重要となります。 FUEL90™は、試合前やゲーム中に必要とされる炭水化物と電解質をブレンドしたエネルギージェルです。エリートデュアル炭水化物配合で体内へのエネルギー吸収速度をアップしている点がこのジェルの特徴の一つでもあります。  HYDRATE90™は失われた電解質と水分、エネルギーを補給するようにデザインされたドリンクです。筋肉系のトラブルの可能性軽減をサポートするために電解質360mgを配合。90分間の試合でのパフォーマンス向上と、走行距離の維持をサポートします。FUEL90™同様、デュアルソース炭水化物配合で吸収スピードをアップしている点も特徴の一つです。  適切な水分・電解質補給フロー 毎日:約2ℓの水を飲み、必要に応じて電解質を追加。 試合の朝:500㎖の水を飲む。(特に起床時はバランスが崩れているので電解質も一緒に。) 試合の1時間前:電解質と炭水化物を加えて、250㎖~500㎖の水を飲む。 試合中:必要に応じて電解質を摂取。90分間で約1~1.5ℓの水を飲む。 試合後:電解質と炭水化物を含んだ500㎖~1ℓの水分を飲む。      

続きを読む

ベータアラニンとは? ベータアラニンは天然に存在するアミノ酸です。 全力疾走をしたり、激しい運動をすると筋肉内に乳酸が発生します。 乳酸は疲労のもととなり、スプリント能力やパフォーマンスレベルの低下につながります。ベータアラニンは筋肉内のカルノシンのレベルを上げることによって、乳酸の発生を遅らせる働きをします。   ベータアラニンの効果はどれくらい? ベータアラニンの摂取によって乳酸緩衝を10%改善することが研究で示されており、繰り返されるスプリントパフォーマンス改善に有意な働きをします。ベータアラニンの使用により、12メートルと30メートルの両方の距離でスプリントタイムが改善することが示されています。   注意 ベータアラニンを服用することで、肌や指先がピリピリする「アラニンフラッシュ」という現象が一時的に起こる場合がありますが、健康上の問題はございません。   <参照文献>   Abe, H. Role of histidine-related compounds as intracellular proton buffering constituents in vertebrate muscle. Biochem. Biokhimii65, 757–65 (2000). Harris, R. C. et al.The absorption of orally supplied beta-alanine and its effect on muscle carnosine synthesis in human vastus lateralis. Amino Acids 30, 279–89 (2006). Derave, W. et al.beta-Alanine supplementation augments muscle carnosine content and attenuates fatigue during repeated isokinetic contraction bouts in trained sprinters. J. Appl. Physiol. 103, 1736–43 (2007). Hill, C. A. et al.Influence of beta-alanine supplementation on skeletal muscle carnosine concentrations and high intensity cycling capacity. Amino Acids 32, 225–33 (2007). Artioli, G. G., Gualano, B., Smith, A., Stout,...

続きを読む

昨今、カフェインとその効果は一般的にも周知され、カフェインエネルギージェル、およびカフェインを含むサプリメントの使用は、近年ますます人気が高まっています。ここではサッカー選手にとってその驚くべきメリットを紹介します。 トレーニングやゲームに対してこれらの製品を服用する目的は、注意力、モチベーション、パワー、持久力、意思決定などのパフォーマンスを向上させることです。ほとんどの場合、カフェインはプレワークアウト製品(直前に摂取するもの)で使用される主要な成分であり、おそらく最も広く研究され、その証明もされています。 カフェインは、ランニング、サイクリング、水泳などのさまざまな持久力スポーツで認知能力と身体能力の両方を改善することが示唆されており、これらのスポーツパフォーマンスにおいて大変効果があると言われています。 さらにサッカーにフォーカスするとその効果は大きく影響しています。   サッカーにおけるカフェインの効果 カフェインが、サッカーの試合に固有なパフォーマンスの物理的および技術的要素を改善することを多くのデータが示しており、特に断続的なタイプの運動中に繰り返されるスプリントとジャンプのパフォーマンス、クイックネスの敏捷性およびパスの精度をカフェインが向上させるというデータがでています。 ある研究では炭水化物飲料に体重1kgあたりカフェイン3.7mgを追加すると、90分間の断続的なシャトルランニング中のスプリントが平均15メートル改善されることが示されました。さらに、ジャンプの際にかかる瞬間的な脚力も、カフェインを摂取すると改善されました(52.9cm対51.7cm)。この研究で興味深い発見は、運動の最後の15分間で、平均スプリントタイムがカフェイングループと非カフェイングループで10分の1秒以上の差が生じていたことです(2.48秒対2.59秒)。 試合中、サッカー選手は時間が経つにつれ倦怠感に襲われる可能性があります。物理的および技術的なスキルを実行する能力が徐々に低下することからも明らかです。また、一時的に極度の疲労を伴う場合もあります。これにより数分間で肉体的パフォーマンスが一時的に低下します。これらが重なり合い、試合終盤のプレーに大きな影響を及ぼします。 ある研究では、80分(20分×4)のゲームのなかでの断続的な反応性敏捷性テストにおいて、体重1kgあたりカフェイン6mgが統計的に「ほぼ確実な利益」(プラセボより3.9%優れている)につながることを示しました。  これは、カフェインの摂取が試合中の疲れているサッカー選手の敏捷性に有益な可能性があることを示唆しています。 また別の研究では、90分間のサッカー特有の断続的なランニングトライアル中に、体重1kgあたりカフェイン6mgを摂取した12人の男性サッカー選手がパス精度とジャンプパフォーマンスの両方を改善した結果を示しました(プラセボより3.9%優れている)。 このように、身体能力の重要な側面を維持することによって疲労感の症状を軽減するのを助けるために試合前のサプリメント摂取を推奨します。    カフェインのメリット サッカーのトレーニングや試合の需要を考えると、カフェインを直前にとる目的は次のとおりです。 1.集中力をサポート 2.パスの精度やパフォーマンスレベルの向上をサポート 3.パワーを生み出すサポート   使い方 試合の約30分前に200mgのカフェインを摂取します。これはFOCUS90™ 1包分です。 トレーニング中にカフェインの投与量を試して、どれぐらいが自身に最も適しているかを確認してください。   <参照文献> 1.Burke, L. M. Caffeine and sports performance. Appl. Physiol. Nutr. Metab. 33, 1319–34 (2008). 2.Gant, N., Ali, A. & Foskett, A. The influence of caffeine and carbohydrate coingestion on simulated soccer performance. Int. J. Sport Nutr. Exerc. Metab. 20, 191–197 (2010). 3.Duvnjak-Zaknich, D. M., Dawson, B. T., Wallman, K. E. & Henry, G. Effect of caffeine on reactive agility time when fresh and fatigued. Medicine and Science in Sports and Exercise 43, 1523–1530 (2011). 4.Foskett, A., Ali, A. & Gant, N. Caffeine enhances cognitive...

続きを読む